お釜の中に 屈足軽トラ市デビュー編

お釜から生まれた子猫 夜、狐の鳴き声が気になって外に出てみました。

お釜から生まれた子猫
懐中電灯を当てると光る狐の目がありました。
すぐに林の中に消えて行ったものの、彼らは・・・。

そこには毎日毎夜ご出勤の母猫の姿がありました。

お釜から生まれた子猫
母猫には悪いのですが、そろそろ子猫達も箱から飛び出しそうですので、出来れば里親を一人でも見つけたいと思っているのですが、なかなかうまくいきません。

お釜から生まれた子猫
先日も、母猫ご帰宅中を狙って、町内屈足で行われた軽トラ朝市に5匹の子猫達を連れて行ってみました。

お釜から生まれた子猫 興味を示して下さるお客様が多々いらしたのですが、結局期待に反して5匹ともご元の箱に戻って来ました。

タイムリミットが近づいてきました。
焦るなぁ。

コメントの入力は終了しました。