お釜の中に 脱走編

9月13日はこの地域の秋祭り。
といっても、例年それをだしにしての親睦会がメインなのですが、数年前に訳あって町内会を抜けた我家では、その日には、ひっそりとお参りさせて頂いております。

神社と言ってももう一部横壁も取れてしまった小さな祠があるだけなのですが、その祠が実は道路を隔てて少し奥まったところにあって、我家から百メートルあるでしょうか。

その日、かしわでをうちに行って来たのですが、その帰りにその祠のある場所の隣に住んでいらっしゃる、ここ数カ月、我家の騒動の元祖であります親猫のいる飼い主さんに挨拶に行ってきました。

その飼い主さんとお話していると、その声に反応したのか、先日多分親猫と居なくなった黒い子猫が隅っこの方からヒョコヒョコと出てきて纏わりついてきました。

多分十匹ではきかない数の猫達がひしめき合っている中での生存競争、どう見ても環境が良いとは言い難い状況を改めて見せつけられ・・・、飼い主さんに事情を話して連れて帰ってきました。

で、結果
フラワーシスターズはかなり呆れております。

ベンチで昼寝
そして、ご本人様は気持ち良く昼寝されております。

コメントの入力は終了しました。